2009年を振り返り

2009年、もうじき終わりますね。
というわけで良くも悪くも充実していた2009年を振り返りたいと思います。


☆仕事
非常にきつい1年でした。特に前半。
開発の取りまとめをしているアプリケーション、工程の完了が3月末、5月末、9月末とあり、厳しい判断に迫られたときもありました。未熟な自分にはハンドリングし切れず、周りの方々の多大なる協力をいただいて何とか乗り越えてこられたといった状況でした。その甲斐あって、10月には大きな問題もなく、ファーストユーザの稼動が無事に迎えられました。自分もそれなりに成長できたかなと思います。
3月、中国の済南で最後に撮影した記念写真には100人近いプロジェクトメンバーが写っていて、これだけの人たちの協力をもらって仕事を進めているのだなと、感慨深いものがありました。いい経験だったと思います。あと、仕事と直接関係ないですが、中国語も少し覚えて、中国語検定4級取得しました。(笑)
☆私生活
今年の初めにこんなこと書いてます。

今年はもっと率直に自分の心情を周りに伝えていきたいなと思います。そうしないと、「何を考えているかわからない人」と周りから思われてしまうことでしょう。つらいことは「つらい」というようにしようと思います。なので、もしかしたらブログで愚痴を書く機会があるかもしれませんがご了承を。
自分の心情をオープンにすること、そして相手の心情を相手の立場に立って想像できるようになること。これが今年の目標です。

すげー暗いっすね。(笑)考えてみたら今年の正月はどん底でしたからね。彼女と別れそうだったし、仕事が超絶きつかったし。結局彼女とは5月に別れてしまいましたね。だけど、いま婚活してますけど、面白いですわ。合コンとか、本当に知らない世界だったので。王様ゲームとか基本的にやらないんですねぇ。(笑)
冗談はさておいて、今年の目標は実現できたかどうかは微妙ですね。でも、常に恋し続けています。伝えられたかどうかは・・・、まあ、ベストは尽くしました。
☆曲作り
曲作りが本当に面白い一年でした。実質的には今年の前半は、忙しかったり精神的にボロボロだったりで曲作りしてませんでしたが、2枚のコンピレーションアルバムに参加できたり、TV番組の出演候補アーティストになったり(継続中!投票よろしく!)、前は夢にも思わなかったところに来ています。今はパソコン1つあればここまでできる時代なのかと感動しています。
技術的には、2年間迷い続けたミキシングとマスタリングがうまくいくようになったというのが大きいです。今まで蓄積してきた知識と積み重ねた時間が、今年葛巻善郎さんの名著2冊に出会い、開花したのだと思ってます。結局「ミキシングとマスタリングは目指すものが無くてはならない」というのがQが得た結論でした。これは実は曲作りもそうだし、仕事も人生もそうなんじゃないかと最近思えてきました。当たり前のことのようですが、今ひしひしと感じています。
2009年、いろんな方に支えられてすごすことができました。どうもありがとうございました。たぶん今が人生でいちばん充実している時期なのだと思います。喜びも悲しみも濃すぎて、生きるのが苦しいときもありますが、これからは皆さんに恩返しできるようがんばります!
2009年、お疲れ様でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

エイプリルズ

次の記事

2010年の抱負