2009年の目標

2008年の反省を12/31に書きましたが、曲作りの面だけに絞られていたので、もう少し広めに反省して、併せて今年の目標を書こうと思います。


ブログを読み返すと、なんだか意気揚々、面白おかしく生きているようにしか見えないですが、実は結構悩み多き年でありました。逆に言うと、面白おかしい面しかブログには出していないという感じです。仕事は自分のキャパシティを超えるものが多く、ずーっと悩んでいたような状態でした。周りが見兼ねて助け舟を出してくれて、ようやく進めているようなそんな状況だったと思います。それでもプロジェクトマネンジメント系やリーダシップ系、メンタルヘルス系の教育をたくさん受けて、今年の後半はそれらを実践することにより、大分マシになってきたと思います。
そして「つらいこと苦しいことを人に相談できない」のは自分の弱点の一つだと思います。そういうことを人に相談しなくても、簡単に乗り越えていけるのならば弱点ではなく強みだと思いますが、実態はくよくよと悩み、消化できないまま悶々と過ごし、すっきりとしないまま状況が変わるか自然に納得できるようになるまで待つという、後ろ向きな解決方法。自分の心の許容量をオーバーして会社を休んでしまった日も、去年実は一日ありました。
これはやっぱり良くないです。今年はもっと率直に自分の心情を周りに伝えていきたいなと思います。そうしないと、「何を考えているかわからない人」と周りから思われてしまうことでしょう。つらいことは「つらい」というようにしようと思います。なので、もしかしたらブログで愚痴を書く機会があるかもしれませんがご了承を。
自分の心情をオープンにすること、そして相手の心情を相手の立場に立って想像できるようになること。これが今年の目標です。
~追伸~
曲作りがうまく進みません。年末に心を揺さぶられる出来事が、仕事とプライベートで一つずつありまして、その影響かも。気長にお待ちいただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

2008年予実算報告

次の記事

エレクトロの新星 SAWA