海堂尊『螺鈿迷宮』

本日の一冊は、海堂尊『螺鈿迷宮』。

医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の医学生・天馬は、留年を繰り返し医学の道をリタイア寸前だった。ある日、幼なじみの記者・葉子から「碧翠院桜宮病院に潜入できないか」と依頼を受ける。桜宮病院は、老人介護センター、ホスピス施設と寺院を一体化した複合型病院で、終末期医療の先端施設として注目を集めていた。しかし、その経営には黒い噂が絶えないという。天馬は看護ボランティアとして桜宮病院に通い始めるが、ある時から疑念を感じる。「この病院、あまりにも人が死にすぎる」と……。~単行本オビより~

『このミス』大賞受賞後の第2作目がはやくも登場。受賞からまだ1年経っていないのに、この方どんなペースで書いているのでしょうか。現役の勤務医とのことですが…。
海堂シリーズおなじみキャラクターの白鳥が今回も活躍し、ずーっと話だけ出ていた氷姫も姿を現し(会いたかったよ~)、前2作の主人公の田口も友情出演的に登場し、その他も含めて今回もあいかわらず強烈キャラクターが累々です。
でも受賞後第1作『ナイチンゲールの沈黙』もそうだったんですが、やっぱり大賞受賞作『チーム・バチスタの栄光』には及ばなかったですねぇ。バチスタはおもしろすぎました。海堂シリーズに興味ある方は、まずはバチスタを一読されることをおすすめします。登場するキャラクター群に惚れ込んだ方は、本書もぜひお楽しみください。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA