東野圭吾『鳥人計画』

本日の一冊は、東野圭吾『鳥人計画』。

「鳥人」として名を馳せ、日本ジャンプ界を担うエース・楡井が毒殺された。捜査が難航する中、警察に届いた一通の手紙。それは楡井のコーチ・峰岸が犯人であることを告げる「密告状」だった。警察に逮捕された峰岸は留置場の中で推理する。
「計画は完璧だった。警察は完全に欺いたつもりだったのに。俺を密告したのは誰なんだ?」警察の捜査と峰岸の推理が進むうちに、恐るべき「計画」の存在が浮かび上がる……。
精緻極まる伏線、二転三転する物語。犯人が「密告者=探偵」を推理する、東野ミステリの傑作。~文庫裏表紙より~

最後まで先が読めない展開は読んでいて楽しいです。普通のミステリでなく探偵を推理するというのも、東野圭吾らしい「ひねった」ミステリという感じがします。これもさくっと読めてスカッと気持ちいいです。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA