東野圭吾『超・殺人事件―推理作家の苦悩』

本日の一冊は、東野圭吾『超・殺人事件―推理作家の苦悩』。

新刊小説の書評に悩む書評家のもとに届けられた、奇妙な機械「ショヒョックス」。どんな小説に対してもたちどころに書評を作成するこの機械が、推理小説界を一変させる――。発表時、現実の出版界を震撼させた「超読書機械殺人事件」をはじめ、推理小説誕生の舞台裏をブラックに描いた危ない小説8連発。意表を衝くトリック、冴え渡るギャグ、そして怖すぎる結末。激辛クール作品集。~文庫裏表紙より~

ブラックユーモア満載の短篇集です。ブラックですが決して不快になることなく、各篇の最後には必ずにやりと苦笑してしまう結末が待っています。
収録されている8篇はすべて「超○○殺人事件」というタイトルがつけられていますが、中でもQが気に入ったのは『超理系殺人事件』。これは文理問わず楽しめますが、とくに理系の方は最後に苦笑すること請け合いです。
また、『超長編小説殺人事件』では東野氏の作品のパロディが登場します。(どの作品かは本書を読んでのお楽しみですが、ヒントを出すと高校野球を舞台にした青春ミステリーです。)本筋と関係ないので先に読んでおく必要はないですが…。
文庫なのに字も大きいし、長くないので、さくっと気軽に楽しめますよ。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA