東野圭吾『眠りの森』

本日の一冊は、東野圭吾『眠りの森』。

美貌のバレリーナが男を殺したのは、ほんとうに正当防衛だったのか?完璧な踊りを求めて一途にけいこに励む高柳バレエ団のプリマたち。美女たちの世界に迷い込んだ男は死体になっていた。若き敏腕刑事・加賀恭一郎は浅岡未緒に魅かれ、事件の真相に肉迫する。華やかな舞台の裏の哀しいダンサーの悲恋物語。~文庫裏表紙より~

加賀恭一郎シリーズの比較的初期の頃の作品です。加賀も若いですね。登場人物のバレリーナに魅了されてしまっています。まあ、そりゃーそうですよね。若いんですもん、美しいんですもん、チュチュですもん。
今回は「加賀の鋭い推理が冴え渡る」というよりは、未緒とのやりとりのドキドキ感を楽しむ作品という感じでした。とはいえ、恋愛小説でなく推理小説なので、もちろんミステリーファンをきちんと楽しませてくれますよ。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

ジーマガール