東野圭吾『殺人の門』

本日の一冊は、東野圭吾『殺人の門』。

「倉持修を殺そう」と思ったのはいつからだろう。悪魔の如きあの男のせいで、私の人生はいつも狂わされてきた。そして数多くの人間が不幸になった。あいつだけは生かしておいてはならない。でも、私には殺すことができないのだ。殺人者になるために、私に欠けているものはいったい何なのだろうか?
人が人を殺すと言う行為は如何なることか。直木賞作家が描く、「憎悪」と「殺意」の一大叙事詩。~文庫裏表紙より~

全体的に暗いし、「おまえ、何やってるんだ!」と主人公に言いたくなりますが、さまざまな詐欺の手法のオンパレードは読んでいて面白いですねぇ。倉持はひどい男ですが、なぜか心から憎めなくて、主人公と同じ気持ちにさせられてしまうのは、さすが東野圭吾、筆力の賜物です。『白夜行』好きの方にはぜひおすすめの重厚な一冊です。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

東京湾大華火祭