東野圭吾『手紙』

本日の一冊は、東野圭吾『手紙』。

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く……。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き、感動を呼んだ不朽の名作。解説・井上夢人~文庫裏表紙より~

最近東野圭吾にハマり始めたO阪さんから借りました。本作は上記のとおり重いテーマです。ちょうど映画が公開しているようで、映画の宣伝では「ものすごく泣ける」という印象ですが、小説では恐ろしいくらい淡々と物語が進んでいきます。正直に言うとQとしては感動的な気持ちよりも、小説の内容に対して「まあそうだろうなぁ」と妙に納得する気持ちのほうが強かったです。
本作では「人の絆とは何か」というよりも「世間とは何か」というテーマがメインに語られているような気がします。普段何気なく暮らしている社会が実はどういうところなのか。その“社会”には当然自分も含まれるわけです。したがって“強盗殺人”とはまったくもって無縁である大多数の人にとっても、一種の感慨や“気づき”をもたらしてくれる小説です。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA