東野圭吾『悪意』

本日の一冊は、東野圭吾『悪意』。

人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機とは。人はなぜ、人を殺すのか。超一流のフー&ホワイダニットによってミステリの本質を深く掘り下げた東野文学の最高峰。~文庫裏表紙より~

真相は加賀恭一郎により早々に導き出され、簡単に事件が解決するかに見えますが、そこから物語は二転三転し…。本書は全編登場人物による手記という形で書かれており、まさに「叙述トリック」がふんだんに使われています。(叙述トリックとは何か?を調べる前に、まずこの作品を読まれることをおすすめします。)先の展開を推理しながらミステリを読むのが好きな方にはぜひおすすめですね。コロッとだまされること請け合いです。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

東京湾大華火祭

次の記事

アクセス解析