東野圭吾『宿命』

本日読み終わった一冊は、昨日に引き続きまして東野圭吾の『宿命』。

高校時代の初恋の女性と心ならずも別れなければならなかった男は、苦闘の青春を過ごした後、警察官となった。男の前に十年ぶりに現れたのは学生時代のライバルだった男で、奇しくも初恋の女の夫となっていた。刑事と容疑者、幼なじみの二人が宿命の対決を果たすとき、あまりにも皮肉で感動的な結末が用意される。
~文庫裏表紙より~

こちらは謎解きや犯人探しももちろんあるが、本格推理というよりは主人公の刑事と容疑者とその妻の奇妙な過去を解き明かしていくという点が面白い。
東野圭吾の本は何でもそうだけど、全編を通していくつもの謎が張り巡らされて、その真相が少しずつほのめかされて、最後でドカーンと明かされる過程は、何ともスリリング。最後まで一気に読めます。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

初めての献血