東野圭吾『容疑者Xの献身』

今年に入ってから東野圭吾の本を14冊も読んでいる。
標記の作品はそのきっかけとなった2005年直木賞作品。

天才数学者でありながらさえない高校教師に甘んじる石神は、愛した女を守るため完全犯罪を目論む…。数学だけが生きがいだった男の純愛ミステリー。『オール読物』連載を単行本化。

仕掛けは精緻でラストも衝撃的。
最高に面白いミステリーだと思う。
↓購入はこちらから↓

東野圭吾さんのファンサイト-御託をもうひとつだけ
http://from1985.pekori.to/keigotaku/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です