東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』

本日の一冊は、東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』。

バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡した。事件は自殺で処理の方向に向かっている。だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに一人の刑事がやってきた。彼女には殺人動機もなく、疑わしい点はなにもないはずだ。ところが……。人間の悲哀を描く新しい形のミステリー。~文庫裏表紙より~

5編の推理短編集です。さっくりと読むには実に手ごろな単行本ですね。刑事が出てきて殺人事件を解決!、なんて非常にオーソドックスですが、純粋にハウダニット(How done it?/どうやって犯罪を成し遂げたのか)やホワイダニット(Why done it?/なぜ犯罪を犯したのか)を楽しむことができる作品です。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

結婚式