東野圭吾『使命と魂のリミット』

本日の一冊は、東野圭吾最新作『使命と魂のリミット』。

十数年前のあの日、手術室で何があったのか? そして今日、手術室で何が起こるのか? 心の限界に挑む医学サスペンス。

笑顔で手術室に入った父は、冷たい骸となって戻って来た。誰も予想していなかった、術中死。さっきまで、あんなに元気だったのに――。それをきっかけに心臓外科医を目指した夕紀は、実は誰にも言えないある目的を胸に秘めていた。その目的を果たすべき日に、手術室を前代未聞の危機が襲う!~新潮社Webサイトより~

最近の東野圭吾作品には本当にハズレがありません。これも最高におもしろかった。序盤から読者の興味をかっさらい、中盤で数々の謎が噴出し溶解し、終盤に向かって緊迫感が最高潮に達します。読み進める手を止めるどころか、早く先が読みたくて行の終わりまで視線を送るのももどかしいくらい、繰り返しますが最高におもしろいです。
上記紹介文ではメインストリームとなる主人公の物語を説明していますが、「前代未聞の危機」を画策する犯人の物語や、犯人を追う刑事の物語が、密接に絡み合いながらストーリーが進んでいきます。サスペンスですがその読後感は、重厚で爽快で、かつ感動的です。これほどの良作を連発している東野圭吾には心から感服いたします。本作も『容疑者Xの献身』に並ぶ傑作といって間違いないです。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA