東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』

本日の一冊は、東野圭吾『どちらかが彼女を殺した』。

最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務する兄・和泉康正は独自の“現場検証”の結果、容疑者を二人に絞り込む。一人は妹の親友。もう一人は、かつての恋人。妹の復讐に燃え真犯人に肉迫する兄、その前に立ちはだかる練馬署の加賀刑事。殺したのは男か?女か?究極の「推理」小説。~文庫裏表紙より~

ミステリの中に「本格推理」と呼ばれるジャンルがあります。推理をするのに十分な情報が読者に与えられており、論理的に推理を組み立てていけば、探偵役が謎解きを始める前に犯人を当てることができるというものです。ミステリを読む人は少なからず、あれこれ先の展開や犯人を推理しながら読むと思います。本格推理の場合はものすごくがんばれば、金田一少年でいうところの「謎はすべて解けた!!」のセリフまでで犯人がわかるということなのです。
本作は「本格派本格推理」というべきでしょうか。金田一少年でいうところの「謎はすべて解けた!!」のセリフまでで物語が終わります。探偵役による“答え合わせ”がありません。「あとはがんばって読者が解いてくださいね」という、なんとも挑戦的なミステリです。
「そんなの疲れるから、やだよー」という方もいらっしゃるでしょう。Qも実際そう思って敬遠していましたが、そこは東野圭吾。主人公と加賀のやりとりや、加賀の鋭い推理を読んでいると、どんどん話に引き込まれていきます。終局ではゾクゾクと鳥肌が立つような、感動とも興奮とも言い難い、なんともいえない感覚に襲われました。
ちなみにQもがんばって推理してみました。手がかりくらいはわかったのですが、結局自力では解けませんでした。が、そんな方のために文庫本では袋綴じで「推理の手引き」が載っています。ご安心を。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA