東京湾大華火祭

標記の件、もともとは8/12(土)の予定でしたが、悪天候ということで今年は13(日)に延期になったのでした。12日当日まで何の準備もしてなかったんだけど、延期になったのならお台場のテラス席のあるレストランにもキャンセルが出ているのではと思い電話したら、ビンゴ。夕方までお買い物を楽しんで、テラスでゆったりと飲み食いしながら見る花火は、例年になく優雅でしたねぇ。なんだかんだ毎年花火を見にきているので、やっぱり夏の風物詩という感じがしますな。
花火の本会場は晴海で、お台場では光ってから音が届くまでが約5秒。つまりだいたい1.5kmくらい離れているのでしょう。そのくらい離れると音もかなり小さくなってしまいます。仮に打ち上げ場所から晴海の本会場まで300mだとすると、距離は5分の1。音圧は距離の2乗に反比例する(球面で広がるからね)から、本会場ではお台場の25倍。そうはいっても、人間の耳も対数的に感じるようになっているので、ここまで大きくは感じないだろうけど、迫力に大きな違いがあることは間違いないでしょう。来年は晴海の本会場で見るのもいいなあと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

東野圭吾『悪意』