恩田陸『麦の海に沈む果実』

本日の一冊は、恩田陸『麦の海に沈む果実』。

三月以外の転入生は破滅をもたらすといわれる全寮制の学園。二月最後の日に来た理瀬の心は揺らめく。閉ざされたコンサート会場や湿原から失踪した生徒たち。生徒を集め交霊会を開く校長。図書館から消えたいわくつきの本。理瀬が迷いこんだ「三月の国」の秘密とは? この世の「不思議」でいっぱいの物語。~文庫裏表紙より~

この本自体は特別有名な本ではありませんが、恩田陸のファンサイトでダントツの一番人気を誇っていたので、「自分が恩田陸派かどうか」の試金石として読んでみました。
ファンタジーとミステリーとの融合と言う意味では興味深い作品ですが、現実性を求めるQとしては、何とも言えないなぁという感想でした。ちなみに本書は連作になっていて、先に『三月は深き紅の淵を』を読むとより深く味わえるようになっているそうです。
というわけで、このあとは本屋大賞を受賞した『夜のピクニック』だけを読んでとりあえず恩田陸は終わりにしようと思いますが、「これはおすすめ」という作品があったらぜひ教えてくださいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA