恩田陸『ねじの回転』(上・下)

本日の一冊は、恩田陸『ねじの回転 February moment』(上・下)。

近未来。時間遡行装置の発明により、過去に介入した国連は、歴史を大きくねじ曲げたことによって、人類絶滅の危機を招いてしまう。悲惨な未来を回避するために、もう一度、過去を修復してやり直す。その介入ポイントとして選ばれたのが1936年2月26日、東京「二・二六事件」の早朝。そして史実にかかわる3人の軍人が使命をおうことになる。過去の修復はできるのか!?~文庫裏表紙より~

恩田陸はいつか手を出そうと思っていながら、ずーっと先延ばしになっていましたが、まきこさんに薦められて読みました。面白かった!二・二六事件という歴史的な題材自体が魅力的で、かつファンタジーというかSFの要素がふんだんに盛り込まれていて、最後までずずずと続けて読んでしまいました。
ところで、これに限らず時間を過去へさかのぼる話を読むといつも思い出すのが「バタフライ効果」です。これはカオス理論の話で、『カオスな系は、初期条件のわずかな差が時間とともに拡大して、結果に大きな違いをもたらす。』ということ表しています。何が言いたいかというと、過去にさかのぼって仮に何もしなかったとしてもそこに存在した(たとえば空気の粒を押しのけた)というだけで数年後の未来ががらりと変わるんじゃないかとQは思うんです。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の1作目で、主人公が自分の両親を一生懸命くっつけようと画策しますが、そんなことをやる前に、自分が生まれる前の過去に存在しちゃったというだけで、もう自分という存在は消えてしまうかまったくの別人になってしまうんじゃないかと…。
おっと、SFなんだから深く考えるなよと言われそうですが、時間遡行の物語については、そういう考えを封印して楽しむことにしています…。
一般的に気象や株価などはカオス性があると言われており、それゆえ直近の予測はともかく、長期的な予測がきわめて難しい(本当にカオスだったら不可能では?)といわれています。その昔大学で情報工学を学んでいた頃に聞きかじったお話でした。
↓購入はこちらから↓
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

CHiYOイベント2006.7.22