加納朋子『いちばん初めにあった海』

本日の一冊は、加納朋子『いちばん初めにあった海』。

堀井千波は周囲の騒音に嫌気がさし、引っ越しの準備を始めた。その最中に見つけた一冊の本、『いちばん初めにあった海』。読んだ覚えのない本のページをめくると、その間から未開封の手紙が…。差出人は<YUKI>。だが、千波にはこの人物に全く心当たりがない。しかも、開封すると、「私も人を殺したことがあるから」という謎めいた内容が書かれていた。<YUKI>とは誰なのか?なぜ、ふと目を惹いたこの本に手紙がはさまれていたのか?ちなみの過去の記憶を辿る旅が始まった―。
心に傷を負った二人の女性の絆と再生を描く感動のミステリー。~文庫裏表紙より~

この本はまたじさんから借りました。ミステリーですが、事件とかトリックとかそういう感じではなく、ほんわりとつつみこむような優しさが全体に流れている、何とも心安らぐ物語です。本書は2つの中篇を収録しています。どちらも、つつつーと水が流れるように読み進められ、後味のよい話です。
ちなみに著者はテレビ朝日で放送されたドラマ『てるてるあした』の原作者だそうですよ。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA