仕事で心がけていること

昨日は「業務改善」なんてだいそれた単語を書きましたが、実際にはたいしたことではありません。自分が仕事をしていて心がけていることを書いてみます。
丸3年社会人をやってきて特に大事だなーと思っているのが、以下の3つ。
『バランス』
『最終目的』
『PDCA』  ※下記リンク参照
昨日話したダイエットの話は3つめの『PDCA』の話ですが、それはまた別の機会に話すとして、この中で一番大事なのは『バランス』だと思っています。
☆仕事とプライベートのバランス☆
仕事が忙しすぎると業務の効率が格段に下がります。ツンツンして周りに気を配ることもできなくなり、コミュニケーションもうまく取れず、その結果効率が下がる…という悪循環に陥ります。
だからメリハリをつけてきっちり休むことが大事です。がっつり遊んで気分を変える、ゆっくり休んで体をいたわる、どちらにしても大事です。
実は、仕事が忙しすぎると目先の仕事をただただこなすだけになり、『PDCA』をまわす余裕もなくなることが一番の問題なんだけど、それはまた別の機会に。
☆品質とコストのバランス☆
情報産業では永遠の課題として挙げられる問題ですが、別に情報系に限らず人がやる仕事だったらどんな仕事にも当てはまることだと思います。品質というのは「製品やサービスの良・不良」だけでなく、ここでは広義の意味で言っていて「成果物を要求する人における成果物の価値」といったような意味です。
何かの研究発表会や技術報告会を聴講したときに書く職場への報告書はどのくらいの分量書けばいいでしょうか。またそれを職場集会で報告するとき、どのくらいの時間で発表すればいいでしょうか。
自分が新人の時はとにかく内容盛りだくさんで細大漏らさず報告することがよいと思っていました。そのために報告書を作るのに要する時間は数時間。しかも内容が多いからそれを発表するとしたら20~30分くらい平気でかかる。
しかし、本当は違って、大事なのは自分や職場にとって重要な情報を選別して伝えることなのです。報告書を1時間で作成して、発表するなら5分程度。それで、自分も職場もコストをかけずに結果的にいい成果物を得ることができる。
これは一例ですが、すべての仕事において品質とコストのバランスが要求されます。そのバランスを決めるのが、実はその仕事の『最終目的』なのですが、それはまた別の機会に。
☆真面目とおふざけのバランス☆
職場の先輩からこんなことを言われたことがあります。
「Qちゃんって仕事はしっかりやるのに、ものすごい変態だよねー。(笑)」
前半の真偽はともかく、後半はすごくうれしい。
個人作業だけの仕事だったらともかく、コミュニケーションが主体の仕事にとって、一緒にいて楽しいと思ってくれるのは大事。けどふざけてばかりでは誰からも信用されなくなってしまう。
他にも例はたくさんあるけど、総括すると『バランス』の一言に尽きます。
PDCAサイクル
http://www.atmarkit.co.jp/aig/04biz/pdca.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

ダイエットのために

次の記事

週末の過ごし方