九州旅行総括

旅行から帰ってきた次の日も出かけて、そのまま月曜から仕事だったのでだいぶ間があいてしまいましたな。
最終日の9/9(土)はレンタカーで阿蘇にいったんですが、残念ながらあいにくの悪天候。中岳の火口も、草千里ヶ浜も霧で視界15メートルといったところでしょうか。とにかく真っ白で何も見えなかったので、あきらめて火山博物館に行きました。80年代に作られた感の漂う模型や展示が、いい雰囲気を醸し出していました。なんか、動く模型から発する音楽もアナログシンセの音で懐かしい感じ。つくば万博っぽいと言えばお分かりになるでしょうか。
そのあとは、雨も降っていたのでやっぱり屋内だ、ということで高森湧水トンネル公園なる場所に行ってきました。その昔鉄道を通すために掘っていたトンネルの途中で水が湧き出てしまい、あまりの湧水量に工事を断念せざるを得なかったというトンネルなんですが、今は観光客が入れるようになっているんです。トンネル自体は普通のトンネルで、奥まで15分くらい歩いていくと、行き止まりに水が噴き出している岩壁があるという上述のエピソードそのまんまの場所です。そこにプラスアルファ、超音波とストロボを巧みに使った『ウォーターパール』という装置があって、水滴が静止したり上にあがったりして見えるのです。これは不思議ですよ。原理を知ると「なるほど」と思うんですが、初めて見たときは、あぜんとしました。
そして熊本空港から夕方の便で帰ってきました。今回は、長崎→ハウステンボス→熊本→阿蘇と大移動を続けた旅でしたねー。移動は基本的にバスだったし、九州までの往復も飛行機だったし、ハウステンボスでは船にも乗ったし、ほんと乗り物にたくさん乗れてうれしかったなー。
高森湧水トンネル公園
http://www.yado.co.jp/kankou/kumamoto/aso/tunnel_park/tunnel_park.htm
ウォーターパール
http://www.waterpearl.co.jp/waterpearl-main1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

熊本城にて

次の記事

新PC組み上げ(詳細)