中国語検定

ちゅうけん。
と呼ばれる歳になっちゃったけどそんな年頃で受けてみました。
中国は4月に行った以来だし、こりゃー勉強せなあかん、と思いつつも、昨日はぐだぐだ曲のミックスをやり、豚肉の味噌煮込みを作り、アイスワインを一人で飲んでたら酔っ払ってうたた寝。ようやく勉強を始めたのが深夜の12時過ぎ…。
「こりゃーダメか」と思ったけど受けてみたら意外とイケました。まあ準4級と4級で威張るなという話ですが…。
試験中も、「仕事で中国に行かなければ一生受けなかっただろうな」などと不思議な気分でいました。けど、中国語は英語よりもはるかに面白いと個人的に思う。
漢字の国だから見れば意味がわかる。だけど発音が難しい!生半可な発音ではことごとく通じない。だからこそ通じたときはうれしい!
じゃあ誰と話すんだ?と言われたら、若干不純な動機であることは否めないが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

音霊

次の記事

mixiの日記に