中国発成田行航空機炎上

23日午前6時50分ごろ、千葉県成田市の成田国際空港A滑走路(4000メートル)に着陸した中国・広州発の定期貨物便「フェデックス80便」(MD-11型機、乗員2人)が強風にあおられて着陸に失敗し横転、炎上した。県警成田空港署などによると、乗員2人が救出されたが、いずれも死亡した。消火作業のためA滑走路は閉鎖され、成田到着便は羽田空港や関西国際空港へ目的地を変更し、成田からの出発便も大幅に遅延するなど、ダイヤが乱れている。
成田航空地方気象台によると、前夜から航空機に風向、風速の急激な変化について注意を呼びかける「ウインドシア」を出しており、事故の前後には瞬間風速20メートル程度の突風が吹いていた。

こわー。
着陸失敗、炎上ですか。
死者が出たとのことでとても残念ですが、これが旅客機でなくてまだ良かったですわ。
晩御飯のカレー作りながらニュースを見て、ゾゾっとしましたわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


次の記事

おおきなくぎり