レヴ・グロスマン『コーデックス』

本日は久しぶりに読書評。
東野圭吾が続いていたので毛色を変えて、かつダ・ヴィンチ・コードブームということで似たような傾向のこの一冊、レヴ・グロスマン『コーデックス』。

その存在すら謎の古写本(コーデックス)に、隠された暗号が?タイムリミットは2週間。知の迷宮に迷い込んだ青年に、中世からの秘密のメッセージは解き明かせるのか……~単行本帯より~

イギリスで大ベストセラーとのことですが、Qには今ひとつでした。中世における書物の話とか、歴史の話はそれなりに興味深いものがあります。ミステリー性を期待せず、知的エンタテイメントと考えればなかなか面白いかもしれません。
↓購入はこちらから↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


前の記事

週末の過ごし方

次の記事

東野圭吾『時生』