neo created by OYAIDE PA-02

GW初日~!いちおう10連休です。
さっそく曲作りを開始しました。もうメロディーはできています。あとは打ち込みと歌詞を付けてレコーディング。前に曲作ってから1年近く経ってしまったんだね。だもんで、この連休で絶対1曲完成させるんだ!
そして今日は映画『八日目の蝉』を観てきました。なかなかよかった。号泣したい人はお勧めですわ~。
さて、先日サブウーファーの電源ケーブルと、FireWireのケーブルを変えて音が変わったぜというお話をしましたが、その続き。オーディオインタフェースから各スピーカー間のケーブルが届きましたので、今日交換してみました。


うちはサブウーファーがあるので、
①オーディオインタフェース→サブウーファー
②サブウーファー→モニタースピーカー
という2つのルート×左右2系統=4本のケーブルが必要なんですね。
今回は両方ともneo created by OYAIDEのPA-02にしてみました。
neo created by OYAIDEはFireWireのケーブルと同じブランドですね。すっかりOYAIDEが気に入ってしまいました。本当にケーブル一本替えるたびに音が変わっていったんですが、ここまで変わってきたらもう変わる余地はないかな~と思いながらも購入してしまうQ。もう、ある種の病気。
替えてみたら、、、
激変!激変!激変!激変!なにこれ!音量が大きくなっちゃった!オーディオインタフェースのボリューム10段階のひとつ分。ということは、前のケーブルはボリュームひとつ分、S/N比が落ちてたということ?なんてことだ!クリアにも程がある!ブラスが空気を裂くようにリアルに聴こえるし、ボーカルの子音がピシッと突き刺さってくる感じ。考えてみたら信号線そのものだもんね。電源ケーブル以上に、替えれば音は変わるはずだわ。
なんか、突き抜けたね。電源ケーブルとか一本ずつ替えるたびにどんどん良くなっていったけど、まだ“のびしろ”がある感じだったんだよね。でも、これが完成という感じがする。これ以上は、電源をクリーンレギュレータ(きれいな電源波形を生成する機械)にするとか、オーディオインタフェースを数十万レベルのものにするとか、抜本的な変更が必要だけど、すでになんかすごく満足した。何時間でも聴いていたい心地よいクリアな音だわ。やっぱりケーブルってどんなイコライザーにも勝る“器材”だって再認識しました。
さ、これで心置きなく曲作りだー。明日までにデモレベルまで完成させてオケをボーカルに送らないと♪
<坂本総合研究所 ハードウェアリスト>
POWER BALANCE FORMER: CSE TX-1000X
POWER LINE(PC): OYAIDE L/i 50 V4/1.5
POWER LINE(AUDIO I/O): OYAIDE PA-22 ZX/1.3
POWER LINE(SPEAKER): PS AUDIO XPC/1.8
POWER LINE(SUBWOOFER): OYAIDE Black Mamba-α/1.8
SIGNAL LINE(FireWire): neo created by OYAIDE d+ FireWire 6pin-6pin 1.0m
SIGNAL LINE(I/O→SUBWOOFER): neo created by OYAIDE PA-02 TXM/2.0
SIGNAL LINE(SUBWOOFER→SPEAKER): neo created by OYAIDE PA-02 XLR/2.0
MIDI CONTROLLER: KORG TR-61
AUDIO I/O: EDIROL FA-66
MONITOR SPEAKER: YAMAHA MSP5 STUDIO
MONITOR SUBWOOFER: YAMAHA SW10 STUDIO
<坂本総合研究所 ソフトウェアリスト>
DIGITAL AUDIO WORKSTATION: Cakewalk SONAR X1 Producer
PLUG-IN INSTRUMENT:Native Instruments Battery 3
PLUG-IN INSTRUMENT:Native Instruments KORE 2
PLUG-IN INSTRUMENT:Native Instruments KORE Electronic Experience
PLUG-IN INSTRUMENT:Native Instruments Kontakt Retro Machines
PLUG-IN EFFECT:Native Instruments The Finger
PLUG-IN EFFECT:Antares AVOX Evo
PLUG-IN EFFECT:Waves L3 Multimaximizer
PLUG-IN EFFECT:Waves Shilver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です