2012年3月の読書メーター

3月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1162ページ
ナイス数:11ナイス


萌訳☆ 孔子ちゃんの論語萌訳☆ 孔子ちゃんの論語
以前何かの本で読んだ「修身斉家治国平天下」という言葉が非常に好きで、中国古典の世界に足を踏み入れてみたいと思い、本書を購入。入門には本当にいい内容で、各ページに4コマ漫画もついててさらっと読めます。最近「道徳」というものが非常に重要だということに気がついたわけですが、論語はうなづける事項が本当に多かったです。「中身と外見を両方大切にする」というのは、つい最近重要性を実感していることですが、すでに論語の中で語られていることでした。これはすごい、ということで次は「孫子ちゃんの兵法」を読みます。(笑)
読了日:03月10日 著者:福田晃市
君はまだ残業しているのか (PHP文庫)君はまだ残業しているのか (PHP文庫)
残業ゼロを実現しながら19期連続で増収増益を達成した吉越さんの言葉は、机上の空論ではない説得力に満ちていて、「残業削減」の本当の目的と意義を教えてくれます。「残業ゼロ」を目指すことは、「なぜ残業してしまったのか、何がいけなかったのか」を徹底的に原因追究し、徹底的にプロセス改善を繰り返すこと。いろいろな反発を受けてもやり遂げた吉越さんの意志の力に恐れ入りました。「遊びたいサボりたい」ということではなく、仕事の価値をさらに高めるために、いまQが任されているプロジェクトの残業を削減していきたいと思いました。
読了日:03月10日 著者:吉越 浩一郎
どんどん目が良くなるマジカル・アイMINI RED (宝島社文庫)どんどん目が良くなるマジカル・アイMINI RED (宝島社文庫)
3年前にレーシックを受けて視力0.1→2.0になったQの眼ですが、最近視力が落ちてきて、ものがボヤけて見えるようになってきたので、本書でのトレーニングを始めてみました。行きか帰りの電車の中で毎日5分程度ですが、確かに視力が回復してきました。これは文庫サイズで手軽に持ち歩けるのでとてもいいですね。最近のマジカル・アイは、すごく立体的で、鮮やか。見ているだけでも楽しいですから、楽しみながらトレーニングできる本書は、一石二鳥。オススメです。
読了日:03月10日 著者:
テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)テルマエ・ロマエ I (BEAM COMIX)
古代ローマの“風呂専門”の建築士が課題にぶち当たるたびに、なぜか近現代の日本の風呂にタイムスリップしてしまい、課題を解決してしまうという話。アイデアが本当に面白い!とにかく笑えて楽しい!映画化もアニメ化も決定したというのが納得です。
読了日:03月10日 著者:ヤマザキマリ
「数字」で考えるコツをつかめば、仕事の9割はうまくいく「数字」で考えるコツをつかめば、仕事の9割はうまくいく
仕事上、コストも品質も進捗も数字で把握することを強く求められていますが、実際には感覚で済ませてしまっている場合も多々あります。もともと数字でないものを数字化することは、それ自体が結構頭を使うし、骨が折れる作業ですが、ひとたび数字にしてしまえば、説得力があり、客観性を持たせることができます。そんな強力な「数字を使うコツ」を、本書ではさまざまな切り口で紹介しています。Qとしては「わからない数字を他の情報から推計する」という話が非常に面白く、「これはいただき!」という感じでした。
読了日:03月10日 著者:久保 憂希也
なるほど! 「ゲーム理論」がイチからわかる本なるほど! 「ゲーム理論」がイチからわかる本
“交渉”をメインテーマとして現実に起きているいろいろな事件・問題を、ゲーム理論を紹介しながら理論の事例として解説していくというスタイルで、非常に興味深く読み進めることができました。正直、現実の問題解決にそのまま使うのは難しいと思いますが、考え方を理解しておくのは有効かなと思いました。
読了日:03月10日 著者:現代ビジネス兵法研究会

2012年3月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です