2011年11月の読書メーター

2011年11月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:393ページ
ナイス数:4ナイス


モテる男になる最強のルール (河出文庫)モテる男になる最強のルール (河出文庫)
前回読んだ「モテバイブル」がかなりガツガツしていたのに対し、本書は「もっと女性の立場に立って考えよう」というのが主旨です。特定の女性にアプローチしているときは「どうしたら自分の魅力がわかってもらえるだろう」と思考が自分向きになりがちですが、本当にモテる人は自分のことではなく、どうやったら相手が気分よくなってくれるかを真剣に考えている人だということです。そしてそれは人間関係の構築において最も基本的なことであり、本当にモテる人は異性だけでなく同性にも好かれる人なんだろうな、という気付きを得ることができました。
読了日:11月04日 著者:倉科 遼
ツンデレ相対性理論ツンデレ相対性理論
この前読んだ“ねこ耳”シリーズよりも、より深く相対性理論に触れています。光速度不変の法則から、「時間の進み方は観測者によって異なる」という“同時刻の相対性”をわかりやすく導き出していて、単なる「不思議だねぇ」から「納得!」に変わる知識を得ることができました。マンガでさらっと読めていいと思います。しかもツンデレです。
読了日:11月04日 著者:アインシュタインクラブ
ツンデレ微分・積分 (ビジネスCOMIC)ツンデレ微分・積分 (ビジネスCOMIC)
「微分=傾き、積分=面積」と高校の数学で習うと思いますが、じゃあそこからもっと応用していきましょうというのが本書の主旨です。CRMやSCMなどマーケティングの基礎知識や品質管理に微積がどう使えるのかが書かれており、その考え方だけでもとても興味深いです。しかもツンデレです。萌えキャラ満載です。
読了日:11月04日 著者:

2011年11月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です