テクノポップのド真ん中アーティスト“pLumsonic!”

ストレスで一時期は胃腸の調子を崩したりとかありましたが、皆さんの励ましのおかげで、なんとかがんばっております。どうもありがとう。だけど一人でいると気が狂いそうになるので、最近週末は基本的に実家に帰っております。この32歳という歳で未だ自分探しの旅、真っ最中です(笑)。とりあえず自己啓発系の本を片っ端から読んで、参考になりそうな考え方とか、役に立ちそうな仕事のヒントとか、少しずつ実践してます。それでも仕事はなかなか好転していかないんだけどね…。


何かヒントになりそうかも、と思って映画『英国王のスピーチ』を今日見てきました。とてもよかったなぁ。勇気付けられましたよ。仕事とかいろいろで悩んでいる人にはいいんじゃないかなぁ。
そして、音楽とか曲作りとか、考える余裕もなかったけど、少しずつ曲作り再開してます。いいメロディーがあるんですよ、新人アイドルにぜひ提供したい感じの。参考楽曲の解析(編曲の参考にね)と音色選びからゆっくりじっくりやってます。頭の中でアレンジが固まってきたので、これから本格的に面白く、同時に苦しいところです。
そんな中、偶然新たにテクノポップのアーティストを発見しました。Qのど真ん中!世の中ではエレクトロ系の流行りもやや落ち着いてきた中、これはうれしい発見でした。その名も、“pLumsonic!(プラムソニック)”。まずは3rdアルバム『Atomic-girl』のPVを観てみてください。
pLumsonic! / 『Atomic-girl』
いきなり1曲目の『mystic module』が、Qが密かに「黄金進行」と呼んでいる垂涎のコード進行。サビの「Ⅳ→Ⅲ→Ⅱ」の流れは、Perfumeの『コンピューターシティ』や『リニアモーターガール(ちょっと変形だけど)』で使われたので、Qも『I Know Your Secret』のBメロで使いましたが、いやはや憎い進行使うなぁという感じで、もうガッシリつかまれましたわ。
それ以外の曲も非常にキャッチーで、まさに「テクノポップ」。Perfumeとかcapsuleとか、最近のエレクトロはクラブテイストが多いですが、pLumsonic!はYMOとか80年代テクノポップの正当な継承者と言えますね。2ndアルバム『Geometrical/Love』のPVもどうぞ。
pLumsonic! / 『Geometrical/Love』
いやー、昨日から今日にかけてアルバム7回くらいリピートで聴きましたわ。こんなに熱くなったのは本当に久しぶり。東京での次回ライブは5月のようなので、行ってみよう!
★プラムソニック・オフィシャルサイト★
http://www.plumsonic.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です