キャンパスナイトフジ

金曜日が会社の休みだったため、この連休は4連休となりました。
土~月の3日間はほぼ中国語検定に向けた勉強に費やされました…。
近所のポポラマーマ(パスタ屋チェーン店です)にのべ10時間くらいいたかな。
で、初日の金曜日は何をしていたかというと、金曜深夜にフジテレビで放送されていた生番組『キャンパスナイトフジ』の最終回。昼間は、最初で最後の生ライブイベントがあり、そこに行ってきました。場所はお台場ヴィーナスフォートの教会広場。会場は超満員。キャンパスナイターズ最初で最後のシングル「エロくないのにエロく聴こえる歌」で始まりライブは興奮の絶頂へ。しかもライブ終了後、現役女子大生27人全員との握手会!いやー、感激でしたわ。みんなテレビで見たまんま。かわいかったなり。


で、結局、昼間イベントに参加するのに疲れ果て、まあのべ4時間くらいは立っていたからね、最終回はいつもどおり録画で翌日見ることに。
でも、涙涙の最終回でしたねぇ。一人一人卒業証書を渡すところで、一人ずつ一緒に泣いてしまいましたよ。
キャンパスナイトフジは1年前、Qが一人暮らしをはじめてまだ間もなく、しかも彼女と別れ、悲しみにくれていたような時期に始まり、幸せが見つかった(かもしれない?)最近まで、ずっと一緒に過ごしてきた、言わば同士のような番組でした。
毎週金曜日(正確に言うと翌日録画で観ていたので土曜日)を楽しみにしていたし、大げさに言うと心の支えのような感覚すら持っていました。女子大生たちがかわいいのはもちろんなんだけど、ケンコバをはじめお笑い芸人たちのスパイス的なギャグやらリアクションやらが非常によかった。
非常に残念!なんだけど、Qも卒業しろよ、ということなんでしょうか。一皮むけるタイミングかもしれません。
がんばろ。最終回を観て、なんかそんな気持ちが湧いてきました。
キャンパスナイトフジ、どうもありがとう!ばいなら、またね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です